ウォーキングシューズの選び方のポイント。まずは足の指のフィット感、適度なクッション性

ウォーキングシューズは選び方によって、足にマメができてしまったり疲れやすくなったりしてしまうことがあります。健康WALKINGをより楽しく続けるために、正しいウォーキング靴の選び方を知っておきましょう。
ウォーキング靴の選び方のポイント1つ目は、足の指のフィット感です。これは、ウォーキングシューズを履いた時に、足の指がシューズ内のどこの部分にもできるだけ触れないような、窮屈にならないようなサイズのWALKING靴を選ぶようにするということです。足の指を開ける余裕が無かったり、サイズがちょっと小さいなと少しでも感じたら、迷わずもう1サイズ上のシューズを選ぶようにすることがウォーキングシューズの選び方のコツです。
ウォーキングシューズの選び方のポイント2つ目は、適度なクッション性をもっているかどうかです。WALKINGシューズと似た靴にランニングシューズがありますが、ランニング靴の場合はクッション性が強すぎるためウォーキングには向きません。WALKINGの場合は、クッション性が強すぎると足が疲れやすくなってしまうので注意しましょう。

ウォーキングシューズをじっくり探すならこちら★★>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

[ナイスな情報]

さらに、かかと部分の高さと安定性、適度な屈曲性、前後のソール部の高低差

ウォーキングシューズの選び方のポイント3つ目は、かかと部分の高さと安定性です。かかと部分が高すぎるウォーキング靴は、自然に立った状態でも膝を伸ばしにくくなってしまうので、実際に試し履きしてみて、かかとの位置が高いと感じたら避けるのが無難です。また、かかと部分のサポートが安定しているかどうかも同時にチェックしてみてください。
ウォーキングシューズの選び方のポイント4つ目は、適度な屈曲性があるかどうかです。かかとで着地した後にしっかりと地面を踏み出していけるように、シューズの前方から3分の1ぐらいの部分が適度に曲がる靴を選びましょう。シューズを買う前には実際に前後から押してみて、自然に前から3分の1程度が曲がるかどうか試すことがWalking靴の選び方のコツです。
ウォーキングシューズの選び方のポイント5つ目は、前後のソール部の高低差です。前述のかかとの高いシューズを避けることに通じますが、前後のソール部の高低差があると、正しい姿勢で歩くことが難しくなってしまいます。

ウォーキングダイエット関連アイテムのあれこれはこちら★★>>

以上、5つのポイントをしっかり備えたウォーキング靴を選びましょう

以上5点がウォーキング靴の選び方のポイントですが、足の大きさは左右で異なるので、試し履きをする際は必ず両方とも履いてみる必要があります。その他にもムレを予防するための通気性や耐久性、歩いていて滑りにくいなどの要素もありますが、これらはあるに越したことはないという要素なので、まずは5つのポイントをしっかり備えるWalkingシューズを選ぶことが大切です。
通販のWalkingシューズ人気ランキングによると、ナイキのWalkingシューズをはじめ、ヨネックスのパワークッションシリーズ、リーボックのレインウォーカーシリーズ、ミズノのフリーウォーク、アシックスのハダシウォーカーなどが人気を集めているようです。人気商品を購入するのもいいですが、買うときは必ず試し履きをするのが失敗のないウォーキングシューズの選び方です。

ヨネックスのパワークッションシリーズはこちら★★>>
リーボックのレインウォーカーシリーズはこちら★★>>
ミズノのフリーウォークはこちら★★>>
アシックスのハダシウォーカーはこちら★★>>

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 shoppingたろぞう